2日間の自然断食

大阪北浜でヒプノセラピー(催眠療法)、クラニオセイクラルセラピー、エネルギー療法をしているアンセラです。(サイトはこちら→Ancella

2日間、断食しました。
断食後は味覚が敏感になって、口にしたフルーツの味が濃く感じました。
食べていないのに、トイレにもいきたくなって、腸のデトックスも。

と、インフルエンザにかかり、食べれなかったというのが、ほんとのところ。

インフルエンザはきつかったです。

今週は予約や予定があまり入っていなく、どうしたのかな、と先週に思っていたのですが、ちょうどよかったです。
うまくなっていました。

今日は、外出禁止からやっと解放されました。

でも私、ただでは転ばない。

気づきがいろいろありました。

一番大きなきづきは、やはり、病気はなった人にしかわからないっていうことでしょうか。

インフルエンザって簡単に考えてましたが、なると、きついきつい。

お医者さんでタミフルや解熱剤もらえばいいやん、と。

まず、高熱でしんどくてお医者さんへ行けない。トイレさえも一苦労。

次に、これは私の前からの課題なのですが、「ちゃんとしなければならない」というのがあって、病気の時にでも、このプログラムが働いてしまうのです。

例えば、もちろん家事など一切できません。

ですが、「ちゃんとしなければプログラム」が働いているので、自分のその状況の中で、できうる範囲で家事をやってしまいます。

できないのに、やらねばと思ってしまいます。

洗濯物を干さねば、片付けなくては、それをしてから、横になろ、と。

ところが、今回は、一切、それを意識してやめました。

どうなったか。

相方がせっせとやってくれました。

家事、買い物、犬の散歩等、仕事から帰ってからすべてこなしてくれてました。

そのことからの気づき。

自分がねばならないと思っていることは、やらなくても大丈夫なんだということでした。

これは、私には大きな気づきでした。

しんどい時、出来ない時は、やらなくてもいい、まかせてもいい。

もう一つ、ここずっと何年も前からある私の潜在意識の声。

「何もしたくない」

ほんとに、そのとおりになりました。

何もできないし、しなくてもやってくれる。何もしないでいい状態です。

で、体は楽なのですが、心はつまんない。

自分の潜在意識の声に、文句言いましたよ。

なるほど、あなたが思うように体は楽よ。

だけど、これが一生続いたら、つまらない!

私自身の楽しいこととか、おもしろい、わくわくすることとか、とか。

だけど、体が楽じゃないと、楽しめないしおもしろいこともできない…。

言うね~。

と、自分の中の脳内会話。

これからこのあたりを自分自身で調整ですね。

どちらにしても、みなさま、帰宅時の手洗い、うがいはしっかりとやってください。

アホやな

はい、そうです(;一_一)
なかなか言うね。

ひたすら寝ているももにぽちっをお願いします。
もものように寝てました。

スケジュールも、最小でしかご迷惑をかけていないので、よかったです。
なるべくしてなったか。

カテゴリー: 日々のこと | コメントをどうぞ

見えないものを見える化実験

大阪北浜でヒプノセラピー(催眠療法)、クラニオセイクラルセラピー、エネルギー療法をしているアンセラです。(サイトはこちら→Ancella

できた~\(^o^)/

エネルギー、気、言い方はいろいろありますが、物にエネルギーを入れると変化します。

味を変えるのもできます。

ほんとに変わるのです。

で、エネルギーって見えないので、ほんとに、そうか。

そもそも、そんなものあるのか、と思われる方もいらっしゃるかと思います。

で、知人がやっていたのを見て、やりたくなってやってみました。

やり方は、水道水道水の塩素を確認して、です。

水道水に塩素が含まれています。
残留塩素を調べる試薬を入れてみました。

ピンクになります。

水道水

で、左側が元の試薬入りの水。
その水をコップに移して、エネルギーを入れたのが、右側の水です。

色が変わりました。
薄くなっています。

塩素が抜けたのだと思います。

エネルギーって、見えないですが、働いてくれてるのですね。

私的には変わるのに、時間がかかったのと、写真ではわからないですが、全くの透明ではないです。

これからの課題です。

でも、おもしろかった!

エネルギーっておもしろいですよ。
エネルギー体験会を不定期ですが、やっています。

体験してみてくださいね!

宣伝なん?

いやいや。
エネルギーって目に見えないけど、働いてるよ。
おもしろいよ、って言いたかっただけ((+_+))


エネルギーとは無縁のももにぽちっをお願いします。エネルギー送ってもアクションが感じられない。

今、ほしいのは、場が変わるとデジタルで数値として表示してくれる計器があります。
計器なので、それなりの価格です。
遊びなので、ちょっとなと思って、手をだせずにいます。

カテゴリー: グッズ | コメントをどうぞ

インナーチャイルドの別の癒し方

大阪北浜でヒプノセラピー(催眠療法)、クラニオセイクラルセラピー、エネルギー療法をしているアンセラです。(サイトはこちら→Ancella

アンセラにお越しいただ方。

プロの「きし」の方。

きしと聞いて、私の脳内では「騎手」と思いました。
(みなさんは、どんなふうに思いました?)

騎手にしては、小柄ではないなと。

よくよく話を聞いてみると、「棋士」でした。

私の脳、もう、どんな脳。
全然違いますやん(^^ゞ

で、ちょっと、今、人生で立ち止まっている感じでした。

プロの棋士になるために、家から離れて、寮や住み込みなど、学校も週何回しか通っていないとのこと。

その頑張りが実って、プロになれたけど、しんどくなってきた感じ。

今,なにがしたい?

と聞いたら、何もしなくてのんびりしたいと。

じゃ、のんびりできたとして、どんなことしたくなると思う?

山へ行ったり、アウトドアのことをしたい、と。

聞くと、プロになるためのことをやっていて、そんなことやっていないらしいのです。

体が落ち着いて、気持ちが何かやりたくなったら、ぜひ、アウトドアのことをしてくださいね。と。

そうなんです、これも、インナーチャイルドの癒し方の一つです。

小さい時、出来なかったことを大人になった自分がやる。

思いっきり、やる。

変性意識にならなくても、今の自分の意識のままで、やる。

ここでもう少し踏み込んで、出来なかったときの自分の年齢のチャイルドを意識して、

「○○ちゃん、楽しいね!」と子供の自分と大人の自分と二人で楽しんでいるようにやる。

これも、効果があります。

最近、自分のインナーチャイルドを癒すために、わたしはシャボン玉をやってみました。

子供の時、好きだったのです。

大人になっても、意外と楽しめました(^_^)

インナーチャイルドは、やってすぐほら、変わったということはないですが、

気がついたら、変わっています。

どんなやり方でもいいので、自分のインナーチャイルドを癒して、あなたらしくいてください。

見ものや

そうなんよ〜。
ちょっとはずかしいので、誰もいない時に庭でこっそりとか
お風呂場でやってました〜。

はずかしがりのももにポチッをお願いします。

シャボン玉もなんですが、楽しいことをしている時、これ楽しいねと、自分のチャイルドに声をかけています。

カテゴリー: セラピー | コメントをどうぞ

毒親(抑圧されて)に育てられた方

大阪北浜でヒプノセラピー(催眠療法)、クラニオセイクラルセラピー、エネルギー療法をしているアンセラです。(サイトはこちら→Ancella

セラピーをやっていると、同じような課題の方が続いて来られます。

最近は母親に抑圧されていた人たちが、多いです。

抑圧されてというのは、親が支配的、例えば、子供が何かをするときに、ダメ、とか、無理とかやる前から、制限をしている親。
危ないからとか、そんなことしたらこうなるとか、あなたには無理と。
わがままな親で自分の感情のままでとか、気分に左右される、とか、反対に規範的でこうするべきとか、もあります。

もちろん、思春期にはぶつかりますが、でも、根本的には親に認めてもらいたいというのがあります。

親に認めてもらいたいというのと、そうしてもらえなかったという気持ちのせめぎあいです。

来られた方は親のことが大嫌いです。

10年以上も親と連絡をとってないという方も。

母親のことを話すと、体が緊張して、母親の話はもういいです、というぐらいの方。
母親のことに関しては、セッションはしたくないです、という方。

そんな方とのセッションをしていって、母親を全く拒否していた上記の方が、もういいやと思える、と。

決して投げやりではなく、自分のしんどかった状況を受け入れたということです。
ということは母親を受け入れたということです。

素晴らしいことだなぁと思います。

どうなったら、そうなれるかですよね。

インナーチャイルドのセッションをしていきました。

セッションでは変性意識の状態で、自分の小さい子供を思い出してもらって、

その子の言いたいこと、やりたかったことなど、丁寧に聞いて、その子の
できなかったこと、言えなかったことを、大人の自分が横にいて
聞いてあげたり、やってあげたりします。

その時は、小さい子供の自分ですが、別の人物の子供のように感じます。
不思議です。

その子とコンタクトをとって、その子の気持ちや、やりたいことを制限せずにやっていくことで
気がついたら、上記のような状態になっていきます。

セッションに来ていただくのが一番早くて効果的なのですが、ご自分でもできるやり方をお知らせします。

まず、リラックスした状態を作ってください。

お仕事も用事もすべてない状態で、電話もきって、椅子に座って、目を閉じて。

自分の小さい子供の時をイメージでいいので思い出してください。

何才ぐらいの子ですか?

その子はどんな感じですか?

その子とお話できますか?

何て言ってます?

話を聴いてあげてください。

よく頑張ったね、しんどかったね、

と、言ってあげてください。

子供の自分がでてこなくても、気にせず、自分の小さい時のことを思い出してください。

あったことなど思い出して、あ〜、私、こんなしんどかったな、と。
よくやったなと。

それを思う、それだけでも十分です。

自分のために、自分と向き合う時間をつくってください。

何回かやっていただくと、知らない間に変わっていきます。

あなたの心の隙間を埋めるのは、他の人ではなく、あなた自身です。

いじわるされた

いやいや、してませんから┐( ̄ヘ ̄)┌


言いがかりをいうももにポチッをお願いします。

上記の方達は親と離れているので、自分を取り戻すことができますが、なんだかの事情で親が側にいるなら、しんどいですね。

そんな方は離れる時間を意図的に作るということと、やはり、インナーチャイルドを癒してください。
それをすることで、自分の軸ができるので、前よりは動じなくなると思います。

カテゴリー: セラピー | 2件のコメント

光の言葉103

大阪北浜でヒプノセラピー(催眠療法)、クラニオセイクラルセラピー、エネルギー療法をしているアンセラです。(サイトはこちら→Ancella

前世療法の時に光のところまで誘導します。

その時に光の存在からのことばをお伝えします。

ーーーー*ーーーーーー*ーーーーーー*ーーーー*ーーーーーー*

うつはどうしたらいいか?

考えるな 

考えがややこしくしている 

うつが来た時は嵐が過ぎる 

コントロールしようと思うな

ーーーー*ーーーーーー*ーーーーーー*ーーーー*ーーーーーー*

カテゴリー: 光の言葉 | コメントをどうぞ

心屋仁之助さんの講演を聞いてきました

大阪の北浜でヒプノセラピー(催眠療法)、クラニオセイクラルセラピー、エネルギー療法をしているアンセラです。(サイトはこちら→Ancella

先日、心屋仁之助さんの講演を聞いてきました。

女性がほとんどでした。

一番多かった年代が40代、次に30代、次が50代。
70代の人もいました。

どんな話かというと、まとめると

「がんばる教」をやめましょう。

ということです。

「がんばる教」というのは、頑張るというのも含め

例えば,人とうまくやっていこうとか、これをやってはいけない

こうあらねばならない、自分自身で決めた制限とか律することとかを

やめましょうということです。

で、それをやめるのは、

「それはないわ」「それ、絶対無理!」

と思うけれど、それをやってみると、とても楽になって、

なんで今までやらへんかったんやろう

と思う。

あと、頑張る教の人は、頑張ってない人をみて、あーでもないこーでもないと

ちょっかいだして、頑張ってない人の迷惑をしていたり、

反対に自分の思うどおりにしてくれないので、頑張る教の人がキレる。

どうして、あの人はこうしないんだろ、ならないんだろ。

と頑張る教の人が勝手にキレて、ええ迷惑。

で、ほとんどの人が頑張る教ですと、仁さんが。

えっ?

と思って聞いていたら、仁さんから質問がありました。

「小さい時にお母さんが楽しそうにしていた人」と。

会場で5人もいるかどうか。

「小さい時にお母さんが悲しそうにしていたり泣いていた人」

ほとんどの人が手を上げていました。

私も上げました。

今、上げたほとんどの人が頑張る教です。
と。

小さい時にお母さんが悲しそうにしていたのをみて
こうあらねばならない、こうあるべきだと、決めて
今も頑張る教をしているのです。

これはインナーチャイルドのことですね。

確かに。

じゃ、どうすればいいか。

<人生を変える10個のやり方>

◎好きなことだけをする(丸投げをする)
 人に助けてもらうという世界に移動する

◎仕事より家庭を優先する
 仕事を捨ててでも遊ぶ

◎ネガティブになる
 あきるまで言う

◎ダメ人間になる 
 向上心がない、役に立たない等

◎悪いやつになる
 嫌われても、自己犠牲をやめる

◎人に冷たくする
 笑わない、人を助けない、親不孝をする、嫌だと言う、やりたいことを言う、人の機嫌をとらない、気をきかせない

◎笑いとばす
 放牧する、勝手に問題を作らない

◎値札をみずにものを買う
 無条件にもらうことをOKだと思えるようになる

◎人にお返しをしない
 言葉も

◎自分のことを素晴しい人間だとする 
 認めてほしいところがある

これらをやっていくことが頑張る教をやめるということです。

確かに、これを書きながら、この反対のことしているなと。

仁さんが言うように、ないわー、絶対無理!のことばかりです。

これを越えると、楽になるのでしょうね。

それから、

<幸せの魔法の言葉>

という、200個ぐらいの仁さんが言ったのを復唱していきます。

【劣等感の言葉】
実は私役立たずなんです
私、何もできないんです等々

<幼少期言えなかった言葉>
ほんとはやりたくなかったよ
もっとかまって等々

<否定禁止抑圧>
○○してもいい等々

<子供の頃ほしかった言葉>
つらかったね
がんばったね等々

<思いこみの言葉>
お母さん幸せだった
お父さんは照れ屋だったんだ等々

これらの言葉を復唱していくうちに、自分にヒットする言葉がでてきて、涙がでてきます。

隣りの方は泣いていました。

自分の今の制限や思いは、小さい時に親をみて、自分が決断したことからくる。

それを上記のやり方で変えていきましょうという内容でした。

インナーチャイルドの概念ですが、インナーチャイルドの言葉は使わず、知らない人が聞いてもよくわかると思います。

さすがだなと、思いました。

音楽もそうでしょうけど、講演もライブはよかったです。

日程が合えば,また行きたいなと思いました。

機嫌悪い

なんかね、イベントが続いてしまって。
今は、ちゃんと家におりますよ。

あっ、これを気にしたらだめなんですね。
気にしないことが、頑張る教から抜けることでした。
なかなかできないものですね。

カテゴリー: 思うこと | コメントをどうぞ

私のための歌

大阪の北浜でヒプノセラピー(催眠療法)、クラニオセイクラルセラピー、エネルギー療法をしているアンセラです。(サイトはこちら→Ancella

私の友人の友人に、その瞬間その場で感じたことを即興で作詞作曲して歌ったり、Song for Gift と題し、依頼者の話を聞き気持ちを感じ取り、それを歌にして贈ることをしている女性がいます。

天内雅子さんと言います。

先日、東京での仕事に行った時に、友人とその天内さんと会うことができました。

友人からすごい!と聞いていたので、ぜひぜひと。

会うと、とっても穏やかな女性。

後でわかったのですが、歌っている時と全然違う。

で、早速、私のために、私だけの歌を歌ってもらいました。

はじめに話を聞いてくれます。

今の自分の気持ちを話をしていきました。

すぐに歌ってくれました。歌詞もリズムも即興です。

んまぁ、すごい(@_@)

はじめには苦悩をしているような感じのハミングのようなものだったのですが、だんだん、声量が上がり歌詞があり大きな所作になり、で、横で聞いていて、圧倒されました。

聞いた感じは圧倒が先にきてました。

それと、終わった後感じたことですが、私の場合は、

涙がでるとか、そういう肉体的な感情に作用するのではなく、

自分のエネルギーフィールド、例えばオーラとかの層に作用したように思いました。

自分のフィールドのまわりがきれいになった感じ。

マジ、びっくりです。

作用する次元が違うのかしら。

で、もう一人、天内さんに歌ってもらいたいという人がいたので、その人のための歌を横で聞いてました。

全然違うのです。

その人には横になって寝てください、と。

ベッドの横で、子守唄のようなやさしい感じの歌で、途中で手をとって歌われていました。

その人の感想を聞かせてもらったら、つないでくれた手から、白い光が入ってきたとか。

ほんとに、即興で、その人のエネルギーを読み取って歌ってくれます。

歌ってもらってから、偶然かもしれないですが、なんか、自分の中のこだわりのようなものが取れてきた感じがします。

すごく、よかったです。

皆さんに、試していただきたいな。

歌ってほしい

ほんまやねー。
あれ?!聞いてわかるん?

いっちょかみのももにぽちっをお願いします。

スマホで動画を撮ったのですが、データが大きく転送できませんでした。
残念。
大阪にきてもらおうかな、とひそかに考えています。
ご興味のある人おられますか?

カテゴリー: え〜っ | コメントをどうぞ

父の言葉

大阪の北浜でヒプノセラピー(催眠療法)、クラニオセイクラルセラピー、エネルギー療法をしているアンセラです。(サイトはこちら→Ancella

今回は私の父のことを

私の89才の父は認知症です。
会話のはじめに言ったことや、昨日のことなど、覚えていません。

今年に母が亡くなったのを理解したくれたのが、半年後でした。

物事にもあまり興味をしめしてくれなく、話を聞いているだけです。

話すことをやってもらいたいので、昔のことなどを聞いています。

父は貿易関係の仕事をやっていました。

なので、海外へはよく行ってました。

今はもうだめですが、英語も日常会話ぐらいなら、話せていました。

「海外へ行ったけど、どこが一番よかった?」

って聞いたら、

ゆっくりと、

「そやな、フランスがよかった」と。

その時、ぽつりと

「お母さん(私の母)を連れていってあげたかったな…」

と。

そやね。
(今までそんなこと言ったことなかったのに)

また、父に聞いてみました。

「お父さん、今まで人生でいろんなことあったと思うけど、振り返ってみて、一番良かったことって何?」

「お母さんと一回もけんかしなかったこと」

自分の成功体験とか、楽しかったこととかではなく、母のことでした。

私の知らなかった父の一面と、夫婦の歴史なんだなと思いました。

父
顔似てる

そうなのです。
普段はそう思わないのですが、写真で見ると、似てきたなと思いました。

まったりなももにポチッをお願いします。

セラピストの立場の見解で、母は自己犠牲だったと思います。
きっと父に言いたいことがあったはずなのに、言えなかった。

そのままで終わってしまったのではないかなと。

もしくは、自己犠牲をしようと今世決めてきたのか。

どちらにしても、父の言葉で母の思いは報われたかなと。

「お母さん、よかったね!」

カテゴリー: 日々のこと | コメントをどうぞ

心がざわざわ

大阪の北浜でヒプノセラピー(催眠療法)、クラニオセイクラルセラピー、エネルギー療法をしているアンセラです。(サイトはこちら→Ancella

友人が普段の私の言葉から、これを観たらいいよ、と勧めてくれたのが、オードリーヘップバーンの主演の

「尼僧物語」

とても、古い映画です。

ストーリーは、世界大戦の前あたり、主人公のガブリエル(オードリーヘップバーン)が尼僧の修行をして尼僧になり、そこから、仕事として、病院などに赴任して、看護師のような仕事をしていき、常に尼僧の戒律を守ることを意識して生きていくのですが、葛藤があり、という話です。

尼僧の知られざる修行や考え方等を初めて表にだしたことで、話題になった映画らしいです。

それで、友人は私の言葉のどこに、この映画を薦めてくれたかということなのですが

「清貧」

という言葉です。

お金のブロックの時にこの言葉がでてきました。

以前に友人に言ったことがあるみたいです。

で、観たらいいよ。

まぁ、観始めて15分もしないうちに、心がざわざわ。

尼僧になる修行をしている内容でした。

沈黙の行とか、謙譲の精神、私利私欲を無くすか、神と結婚するとか、等々。

これ、やっていた、この考え方、すごくわかる。知っている。

と観ていて、思ってました。

今、なぜ、これを観たのかと。

考えたら、私の中で今の私の課題の

「ちゃんとしなければならない」

が、ここからも、きてるのだなとわかったのです。

それがわかれば、どんな人生だったのだろう、とセルフヒプノをやってみました。

ハンガリーで、マルグリットという名前。

マルグと呼ばれていた感じです。

家が貧しく、両親が敬虔なクリスチャンで、自分の意志ではなく、生きるために尼僧になりました。

好奇心旺盛なやんちゃ少女が、戒律がきびしいい世界へ入り込んで、自分との戦いでしたが、年齢と共に馴染んできて、最後は押しも押されぬシスターになって亡くなった、という転世を体験しました。
世間から隔離された、きびしい戒律の世界で一生を終えた感じです。

その転世のマルグさんから、今の私へのメッセージは、自由に生きれるので、その自由を謳歌してね、ということでした。

ひさしぶりのセルフヒプノです。

自分でいうのもなんですが、おもしろい!

現在の自分の考え方からすると、変だなと思うところや、間違っているなと思うところもあります。
ただ、きっと、これを観て、持ち込んだ過去のエネルギーを流すんだなと思います。

今の自分の感じは、気持ちが軽いです。

そういえば、このセラピーを習っている時も、戒律を今世に持ち込んでくることがあると、テキストにも書かれていました。

書かれているぐらいですから、多いのでしょうね。

なぜか、自分を律してしまいがち、贅沢をしてはいけない、清貧等、思い当たることがあれば、私のように戒律を持ち込んでいるかもしれません。

ヒプノで過去のエネルギーを流して、自分自身を癒してください。

過去は過去、今じゃない。

想像つかない

ホホホ。確かに〜。
かわいかったと思います〜( ´艸`)


かわいいとはほど遠いももにポチッをお願いします。年齢とともに毛が白くなってきました。

いろんな機会で自分を知る情報がくるのですね。
と重いました。

カテゴリー: 催眠療法 | コメントをどうぞ

最近のセラピー傾向 インナーチャイルドセラピー

大阪の北浜でヒプノセラピー(催眠療法)、クラニオセイクラルセラピー、エネルギー療法をしているアンセラです。(サイトはこちら→Ancella

最近のセラピーのこと

インナーチャイルドセラピーの依頼が多いです。

インナーチャイルドセラピーとは、

小さい時に受けた感情的、肉体的、身体的なトラウマ(心的外傷)は周りの状況を読めない何もわからない子供にはまちがった心の決定をくだします。

そのあなたの心の奥にきざまれた体験がもとで、今のあなたの思い、行動に何かしら影響を及ぼしているということがあります。

その傷ついた内なる子どものことを、インナーチャイルドといいます

例えば、人前で話すのが苦手、それの原因が小さい時に人前で大きな声をだして叱られた。
自分に自信がない、小さい時に自分のプライドを傷つけられるようなことがあった。何をしても親に認めてもらえなかった等。

それらの心に刷り込まれたまちがった決定の体験をもう一度再体験し、その時受けたエネルギーを解放して新しい考え方を得ます。

心は体験が引き起こした身体感覚やフィーリング、感情や決断をプログラムとして取り入れてしまいます。

身体は似たような体験をするとその潜在意識のサバイバルプログラムを発動してしまいます。

そのプログラムを解放し、たまっていた感情をだし、新しい自己を構築していきます。

これがインナーチャイルドセラピーです。

で、以前の日記で書いたように、自分のインナーチャイルドと向き合っています。

意外なんですが、セラピーをやっていて、その時の自分の問題とか気になることとか、リンクしているクライアントさんがよく来られます。

なので、インナーチャイルドの依頼が多いのかもしれません。

インナーチャイルドセラピーををやった効果は、例えばトラウマとかがすぐになくなるわけではないです。

ですが、自分が問題だと思っていたこと、できないと思っていたことが、知らないうちにできるようになっています。

トラウマが軽くなっています。

先日、来られたクライアントさんも、どこがどうとは言えないけれど、
人との関わりの中で、できないと思っていたことが自然にできるようになっていて、
自分自身がびっくりした、と。

複数回来て下さり、今は、気持ちも体も軽くなられています。

ほんと、不思議なんですが、自然と変わっているのです。

他の方は自分が満たされている感じとも言われました。

なんか、軸ができる感じです。
ブレない。

今、生きづらいことや、小さい時のつらかったこと、あなたのインナーチャイルドが関係しているかもしれません。

ぜひ、あなたのインナーチャイルドを癒してあげてください。

チャイルドは頑固

そうなのよ〜。
自分でもいやになります┐( ̄ヘ ̄)┌


意外とがんこなももにポチッをお願いします。聞かない。

インナーチャイルドは正直しんどいです。
それだけ、心の奥に関係しているのですね。

カテゴリー: 思うこと | コメントをどうぞ