催眠療法で

大阪のAncella (アンセラ)は....

大阪でヒプノセラピー(催眠療法)による、前世療法、インナーチャイルド、未来世療法、イメージ療法と、ゲシュタルト療法、気功のようなエネルギー療法、人が持っている身体のリズムとバランスを整えるクラニオセイクラルセラピーとで、心と身体に働きかけます。

どうぞ、この機会にあなたの心と身体を休めてください.

ヒプノセラピー(催眠療法)とは

ヒプノセラピーのヒプノという言葉は英語の催眠という[Hypnosis]からきています。催眠療法(ヒプノセラピー)は、普通の心理療法ではどうしても解決されない心のトラブルを「催眠暗示」によって催眠状態に導き、直接潜在意識に働きかけて解決してゆくセラピーです。

催眠とは

心は[顕在意識]と[潜在意識]とで構成されています。

顕在意識は思考したり、判断したりの今の現在の意識です。潜在意識は心の深いところで機能しています。

潜在意識は心のデータベースです。今は忘れてしまったこれまで経験したこと、感情、感覚すべてここにあります。催眠によって、リラックスすることで、潜在意識にアクセスしやすい状態になります。

潜在意識の中から、必要な情報をとりだして、問題の隠された本質を調べることができます。

前世療法とは

前世療法とは今の自分の問題の原因を理解するために、前世に戻って体験してもらい、原因になったことや、その人生で決めたことなどを探り、問題を解決へ導く療法です。

インナーチャイルドとは

小さい子どもの時に親やまわりから受けた言葉、お友達とのこと、傷ついた経験がありませんか?

さびしかったこと、悲しかったこと、くやしかったこと、今はもう忘れてしまっていることでも、その時受けた感情感覚はしっかり、あなたの心の奥にきざまれています。そのあなたの心の奥にきざまれた体験がもとで、今のあなたの思い、行動に何かしら影響を及ぼしているということがあります。

その傷ついた内なる子どものことを、インナーチャイルドといいます

催眠をもちいて、リラックスした状態であなたの内なる子ども、インナーチャイルドを呼びだしてお話をします。

インナーチャイルドの同意があれば、その傷ついた体験を、もう一度インナーチャイルドと大人のあなたが二人でその体験を再体験します。そうすることで、その時に受けたトラウマを開放します

その傷ついたインナーチャイルドを無条件に受け入れ、内面を統合していきます。

未来世療法とは

未来は今の選択で変わります。

今の問題を解決した未来を体験して、その時の感情や感覚、どうやって解決したかなどを今に持ち帰ったり、自分の希望の未来像を思い描き、それを体験し、潜在意識にその情報をリアルに刻み込み、望む未来にむかっていこうとするものです。

クラニオセイクラルセラピー

人間の身体の中には、血液、体液、などと共に脳脊髄液という脳から脊髄に流れる液体があります。

その流れを頭蓋骨や骨を手技で調整し、それと同時に深くリラックスすることができます。日頃、ストレスなどの緊張を持っている方におすすめします。

ゲシュタルト療法

心理療法のやり方のひとつです。

「今、この瞬間、自分がどう感じるか、何を感じているか」に焦点をあてて、その感覚や言葉を深めていき、今、現在の自分を理解すること、気づくための療法です。

エネルギー療法

人の体には見えないですが、気というものがあると言われています。

心身の不調はこの気を整えることで、よい方向に向かっていくということがあります。

この気のことをエネルギーと呼んでいます。

エネルギー療法は、その方の体をみせていただいて、エネルギーの足らないところにはエネルギーを入れて、留まっているところには流れるようにエネルギーを流していきます。そうすることで、人間が本来持っている、自然治癒能力を助けます。

Information

★セラピールーム移転のお知らせ★

この度、北浜に移転いたします。

今よりも広いお部屋になっております。のんびりしていただけるかなと思います。

場所が変わりましても、変わらずの倍旧のご愛顧、よろしくお願いいたします。

★心の専門家50人 (三楽舎)に掲載されています。

Sundari(スンダリ)Vol.3白夜書
ワークショップとして掲載されました。

「お医者さんがすすめる代替療法」(帯津良一著書)の前世療法のページに載せていただきました。